仕事紹介

営業(福祉用具専門相談員)

仕事概要

営業(福祉用具専門相談員)IMAGE1

福祉用具や医療用具のレンタル販売

日常生活に不自由を感じるご利用者様へ、必要となる福祉用具や医療用具のレンタルや販売を行います。
具体的には、担当する地域のケアマネジャーからのご紹介を受け、介護を必要とするご利用者様宅を訪問。
一人ひとりの状態やご要望を伺いながら、ご自宅の環境などを確認し、 適切な福祉用具や医療用具を提案し、配送・設置、アフターサービスを行います。

あまり馴染みのない職種名かもしれませんが、福祉用具専門相談員とは、利用者様のケアプランを作成するケアマネジャーから依頼を受け、ご利用者様のお宅へ訪問し、ご利用者様ごとの必然的なニーズに対して、応える責任のある仕事です。

利用者本位な仕事

当社では、打合せから用具の配送・設置、メンテナンス、引き上げまで、 一人のスタッフが専属としてご利用者様と最後までお付き合いします。担当の福祉用具専門相談員がご利用者様とFace to Faceで対応し、信頼関係を構築するところを強みとしています。

売り手本位ではなく、利用者本位で物事を考えることが必要です。
ケアマネジャーから依頼されたことをだけをこなすのではなく、本質を考えることが求められます。

こうすることが単なる商品提供に留まらないサービス提供となり、結果として多くのご利用者様、ケアマネジャーと信頼関係を構築できるのです。

営業(福祉用具専門相談員)IMAGE2


取り扱える商品は様々

レンタルでは介護保険適用の福祉用具の他に吸引器などの医療機器も取り扱っています。
販売では紙おむつやシューズなどの日常生活品から特殊浴槽やリハビリ機器のような大きなものまで、様々な商品を取り扱っています。

豊富な商品知識が求められますが、これも福祉用具専門相談員として必要なこと。
必要な知識を吸収することが、高い提案力につながり、結果として信頼してくれる方々の笑顔につながるのです。

納品後のアフターサービス

レンタルではモニタリング(効果の確認)とメンテナンス(納品後の点検)を重要視しています。

売り切りの仕事ではありません。
定期的に商品を点検し、ご利用者様に適しているかを確認しています。
身体に合っていないと事故や怪我につながるリスクがあります。

状況にあわせた商品の変更を行なうには、しっかりとしたアフターサービスを行なうことが重要なのです。

やりがい

ご利用者様に寄り添うこと

福祉用具専門相談員の大きな役割は、身体不自由な方のQOL(Quality of Life=生活の質)をあげるためには何が必要かを一緒に考え、行動することです。

脳梗塞で左半身麻痺の後遺症が原因で、外出中に転倒、半年ものあいだ自宅にこもりがちになってしまった方がいました。
今までの『当たり前』が急に出来なくなってしまった状態で、福祉用具専門相談員として何ができるのでしょうか?
ご利用者様の意欲や身体状況を聞き取り、状況に合った歩行器を提案したことで、自ら散歩ができるようになるのです。

福祉用具専門相談員は、提供する用具を通じてご利用者様が望む生活に少しでも近づけるように、ご利用者様の想いに寄り添う事が大切です。

福祉用具のプロとして責任とやりがいある仕事

私たちは、相談、用具選定、フィッティング、搬入、アフターサービス、引き取りのすべてを一人の担当者が行っています。
福祉用具のプロとしてご利用者様の生活を支えるという大きな責任があり、自覚をもってご利用者様や介護者に寄り添っています。超高齢化社会の一翼を担う責任ある社会人として、プライドを持てる仕事です。
自分が提案した福祉用具を利用したことで、ご利用者様がイキイキと明るくなる瞬間に立ち会えることはこの仕事の一番のやりがいです。

営業(福祉用具専門相談員)IMAGE3


営業(福祉用具専門相談員)IMAGE4

OJTで基礎固め。
徹底したサポートが安心できる

入社後は先輩と同行しながら、OJTで仕事の流れや基礎知識を習得します。一人前になるまで、研修制度を含め徹底したサポート体制を敷いていますので、安心があります。
福祉用具専門相談員の資格取得もしっかりサポートします。

頑張りは正当に評価してくれる

ノルマではなく、自己成長の目標を設定させ、その進捗を年2回の上司との面談で確認します。日々の頑張りと成果と併せ、総合的に評価されます。
とにかくチャンスが多い環境です。
例え社歴が浅くても頑張りを正当に評価してくれるので、皆、切磋琢磨して上を目指して頑張っています。
実際に入社3年目で営業所所長になった25歳の社員もいるなど、 20代30代のリーダーを数多く輩出しています。

仕事もアフターも全力投球

当社は、営業所内はもちろん、社内イベントを通じて営業所同士や別事業部との交流がとても盛んです。親睦会でのバーベキューやボーリング大会を開催、社員同士が休日にスポーツで汗を流すなど、仕事も遊びも全力投球という社員ばかりです。
なので、部門や営業所が違っても、人間関係で悩むことはおそらくないでしょう。

失敗を恐れるのではなく、前向きに出来ることを最大限に考えるという会社風土が影響しています。
人間的に成長を感じられる仕事と会社です。

1日の仕事の流れ

キャリアプラン

一般職
1年目
先ず仕事を覚える期間です。 基本的な業務が遂行出来るようになってください。
2年目
基本的なルーチン業務を正しく遂行し、必要に応じて改善のための創意工夫を行なう事が出来るレベル
3年目
目配り、気配り、仕事の効率を考えて業務を行えること、率先して周りの業務フォローを行えるレベル
4年目
小規模のマネジメントができるレベルで、トラブルやクレームが発生した場合は困難な事例でも上司に報告の上、1人で解決することが出来るレベル
サブリーダー(主事補)
5年目
マネジメントができるレベルで、顧客満足度を上げる取り組みをしている、所内の業務改善、提案が出来る、メンバーの抱えるトラブルやクレームに対して適切な指示の下、解決させることが出来るレベル
営業所長(主任)
8年目
営業所長として従事。メンバーの能力を正しく把握し適正な課題を抽出することができる、将来を見据えた所内の組織体制を構築できる、営業所の予算管理や分析ができるレベル
エリアマネジャー(主任)
10年目
エリアマネジャーとして従事。エリア内全営業所の管理、部門業務、エリアマネジャー会議への出席

求める人物像

営業(福祉用具専門相談員)IMAGE8

  • 地域社会に貢献できる仕事に就きたいと思っている人
  • できることは何でもやってみる実行力がある人
  • できないと諦めず、何かできる方法を考えて動ける人
  • 人との繋がりを大事にできる人
  • 相手の立場に立って考え、行動ができる人
  • 協力協調できる人

よくある質問

内定後、入社までに学んでおくべき事はありますか?
入社後の研修を通して学んでいただきますが、今後のためにも介護保険制度について学んでおくとよいでしょう。
何か資格は必要ですか?
業務上、入社までに普通自動車運転免許が必須です。 (AT限定可)
福祉用具専門相談員の資格は入社後に取得します。(費用弊社負担)
一日の業務の流れを教えて下さい。
出社後、スケジュール確認や納品予定の福祉用具の積み込みなどを準備し、担当のご利用者様宅やケアマネジャー様のところに伺います。
夕方、事務所に戻ってきた後、書類作成を行います。
配属先について希望は通りますか?
適正と弊社の事業計画などを考慮しながら決定します。
今後の事業展開するエリアなどを教えてください
企業秘密です。展望などは説明会の際にお話しします。
福祉系の大学ではないですが、大丈夫ですか?
問題ありません。福祉系の学校でも福祉用具に関しての授業はほとんどありません。
この仕事の魅力は?
弊社のサービスによって、ご利用者様やご家族含めて生活の質が改善された時、また、営業面では継続したアプローチから、やっと依頼が頂けた時など、やりがいはたくさんあります。
ノルマはありますか?
ありません。ご利用者様の要望に応じた最適な商品を提供することが大切です。
この仕事を続けていく上で大変なことはありますか?
本人の気持ち次第です。その時々で大変な事はあると思いますが、過ぎてしまうと達成感の方が大きいと思います。
女性でも働けますか?
過去には女性も在籍していました。毎日、福祉用具を運ぶので体力は必要です。
他社に負けない強みはありますか?
トップから新人まで、ご利用者様やご家族の為にという「想い」を抱き働いていることです。
046-220-1188
月~金曜日 9:00~18:00 / 厚木支社 採用担当まで
Copyright © Innovation of Medical Service, Inc.
All Rights Reserved.