先輩社員インタビュー

営業(福祉用具専門相談員)

所属:介護事業部 総合サービス課
入社:2016年新卒入社
出身:神奈川大学 経済学部経済学科
営業(福祉用具専門相談員)

これが私の仕事

ケアマネージャーを通じて、福祉用具の相談・納品・メンテナンスまで対応

介護や支援を必要とする高齢者の方々が望む生活をサポートするために、どんな福祉用具がいいか相談に応じたり、製品の納品や定期的なメンテナンスなどを行っています。
当社の特徴として、1人の担当者が相談の段階からアフターサービスまで一貫して対応できることです。最初の相談こそケアマネージャーを経由することも多いのですが、その後はご利用者様やそのご家族と直接やりとりができ、納品した用具を使って「やりたいことができるようになった」と喜びの笑顔を目の当たりにできます。
入社から2年目で、先輩が担当していたお客様を一部引き継がせていただきました。担当するお客様が増えて大変な面もありますが、たくさんの笑顔が見れるのは大きなやりがいです!

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

定期モニタリングの際、ちょっとした気づかいで喜んでもらえました!

ご主人が要介護の状態で、夫婦お二人で暮らしているご利用者様宅へ、モニタリングに訪問したときのことです。
ご主人の状態が悪化していて、介助者の奥様が寝る時間のないくらい負担が大きいと感じたので、まず奥様のお身体を気づかいました。
その時に奥様に言われたことが、「こんなに励ましてもらえて嬉しいです。主人には今までの人生を本当に楽しませてもらいました。だから今度は例え辛くても私が支えて恩返ししたいんです。」と言っていただきました。
自分としてはちょっとした気づかいでも、それが心に響く人がいるということを学びました。また、同じような想いでいらっしゃる方の生活を、少しでも楽にできるように頑張りたいと感じました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

「人の役に立ちたい」という気持ちを、大切にしている会社だと感じたから

説明会や選考を通じて、『お客様ファースト』を実践していることを感じ、入社を決めました。
実際に入社してみると、思っていた以上にご利用者様を大切にしているのだと知り、自分が就職活動で感じたことは間違いではなかったのだと感じました。
挨拶や笑顔の対応など、社会人として必要な基本的スキルと営業スキルを磨きながら、ご利用者様を第一に考えて行動していれば、自分自身も成長できると思っているので、精一杯頑張っています。

先輩からの就職活動アドバイス

同期を見渡しても、めったやたらと面接や選考を受けていた人はいません。
業界や職種、仕事を通じて得たいことなど、自分なりの軸というか大切にしたいポイントを決めて行動することが重要だと思いますし、結果として就活成功を遠まわりせずに済む唯一の方法だと思いますよ!

046-220-1188
月~金曜日 9:00~18:00 / 厚木支社 採用担当まで
Copyright © Innovation of Medical Service, Inc.
All Rights Reserved.