先輩社員インタビュー

営業(福祉用具専門相談員)

地道な努力が実り、営業所所長という入社以来の目標を達成!
次はより働きやすい環境づくりに意欲を燃やす

所属:介護事業部 総合サービス課
入社:2006年新卒入社
出身:淑徳大学 社会学部
営業(福祉用具専門相談員)

この会社を選んだ理由は?

ひとりの担当者が相談から納品、メンテナンスまで一貫して手掛けているところ

昔から福祉に興味があり、就活も福祉用具の専門相談員に的を絞っていました。この会社に惹かれたのは、ひとりの担当者が相談から納品、メンテナンスまで一貫して手掛けているところ。利用者様と直接コミュニケーションを取りながら仕事をすれば、勉強になるし、やりがいも大きいだろうし、何より自分に向いていると思ったのが決め手でした。入社後は先輩の仕事に同行しながら仕事を覚えていきましたが、その過程ですでに手ごたえがあり、改めてここで人の役に立つ仕事をしたいと思いました。

仕事をするうえで大切にしていることは?

利用者様やケアマネジャー様の求めていることをしっかり受け止めて、対応することです

ご利用者様やケアマネジャー様の話をよく聞くこと。そして求めていることをしっかり受け止めて、対応することです。ご利用者様はご要望も症状もそれぞれ違うので、きちんとコミュニケーションを取るために、声の大きさや話し方、説明の仕方などを考えながら、ひとり一人に合った方法を心がけています。聞こえにくい方は、文字や絵でお伝えする場合もあります。また扱いやすい介護用品は、病気や体力によっても違うので、事前に利用者様に関連する情報を得ることも欠かせません。伺ったお話から、気づくことや学ぶこと、仕事の進め方のヒントなどは実にたくさんあります。自分たちを成長させてくれる糧とも言えるでしょう。
ほかにもご利用者様の様子はケアマネジャーにも伝えるなど、いかに回復や現状維持に貢献するかも、重要なテーマと考えています。

モチベーション源は?

「喜んでいただくこと」、これに限ります!!

ありきたりですが「喜んでいただくこと」、これに限ります。自分の提案やお持ちした介護用品により、ご利用者様やご家族様に喜んでいただければ、もっと何かできないだろうか、とモチベーションが高まります。先日、最期を自宅で看取りたいというご家族様から相談を受けました。しかし、しばらくして亡くなったとご連絡があり、伺ったところ、「介護用具があったから、最後まで家族で介護ができました」とお礼を言っていただきました。ジーンと来ましたね。ご利用者様が亡くなるのは辛いですが、最後まで快適に過ごすお手伝いが出来たことを誇りに思います。

これからの目標は?

やりがいを持ちながら楽しく働く環境をつくること
福祉用具専門相談員IMAGE

今度、新たに立ち上げる営業所の所長になります。これは入社以来の目標でした。次に目指すのは、この営業所で働く全員が、やりがいを持ちながら楽しく働く環境をつくること。仕事をしていれば悩んだり、落ち込んだりすることもあるでしょうが、この会社は仲間と相談し合い、力を合わせて成長できる風土があります。これからも助け合いながら、大きな信頼を寄せてくれるご利用者様の期待にみんなで応えてきたいですね。

職場風景

職場風景1
仕事は常に、仲間と協力し合って!!

仕事は常に、仲間と協力し合って進めます。とくに介護事務のスタッフとの連携は、いい仕事をするうえで欠かせないもの。助けてもらうことも多いです。

職場風景2
荷積みを済ませ、ご利用者様宅へ!!

搬入搬出作業には、ある程度の体力は必要です。でもコツをつかめば、体に負担をかけずに行えます。荷積みを済ませ、待ってくれているご利用者様宅に向かいます。

職場風景3
スケジュール管理、情報共有は欠かせません!!

ご利用者様宅を訪問するスケジュール管理は欠かせません。また、ご利用者様やご家族から頂いたご意見も会社に持ち帰り、スタッフと共有しています。

046-220-1188
月~金曜日 9:00~18:00 / 厚木支社 採用担当まで
Copyright © Innovation of Medical Service, Inc.
All Rights Reserved.