先輩社員インタビュー

営業事務(介護事務)

所属:介護事業部 介事課
入社:2017年新卒入社
出身:城西大学 理学部数学科
営業事務(介護事務)

これが私の仕事

社内と社外の窓口役として、日々多くの人とコミュニケーションを取る仕事

外出している営業スタッフや、取引先のケアマネージャー、用具を使用されているご利用者様など、社内外の多くの人からかかってくる電話の応対や、それに伴う対応がメインの仕事です。
営業スタッフはともかく、ケアマネージャーやご利用者様と直接顔を合わせることはありませんが、対応を褒められたり、喜んでいただいているのは電話越しでも充分にわかりますし、やりがいを感じています。
最近は請求関係の対応など、ちょっと専門的な業務も任されるようになっていて、もっと対応できる業務の幅を広げたいと思っています。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

対応を覚えていてくださったご利用者様から名指しでお電話いただいたこと

日々多くの問い合わせに対応していますが、その中のあるご利用者様から私宛にお電話いただいたことがあります。
そのご利用者様とは、前にもやりとりをしたことがあったのですが、「よく話を聞いてくれたし、対応も丁寧だったからまた相談したい」と、名指しでお電話をくださったのです。日頃からなるべく親身に、機械的な対応はしないよう心がけていますが、それが伝わって喜んでいただけたと実感できて嬉しかったです。
社内の先輩方も入社当初は問い合わせ対応中に横についてくれて、わからないことがあればすぐにフォローしていただきましたし、ちょっとしたことでもできる業務が増えると上司も褒めてくださいます。仕事をする環境としてはとても恵まれていると思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

説明会での話が具体的で魅力的だったのと、内定が早かったこと

就活をはじめた当初は、どんな仕事がしたいのかまったくわからなかったので、様々な業種をチェックしていました。その中で、福祉業界に興味をもつようになったので、情報収集はとても大事だと思います。
当社を選んだのは、説明会での話が印象的だったからです。仕事内容の説明をしている間、ずっと楽しそうに話をされていて、自分も楽しく仕事ができるのではないかと感じたのがきっかけです。残業があることなど、一般的にはあまり伝えたくないようなことも、正直に伝えてくれたのも好印象でした。土日休みと平日休みがあるのもポイントですね。

先輩からの就職活動アドバイス

仕事選びに決まりはないので、自分の基準を早い段階で見つけることが大切だと思います。
私の場合は教職をとっていて、教育実習もやりましたし、複数の業種の事務職がどういう仕事をするのかを知りつつ、教師の道も検討しました。結果として私は事務職の道を選びましたが、今思えば早い段階で福祉業界の事務という仕事を知ったからこそ、スムーズに選べたんだと思います。

046-220-1188
月~金曜日 9:00~18:00 / 厚木支社 採用担当まで
Copyright © Innovation of Medical Service, Inc.
All Rights Reserved.