先輩社員インタビュー

営業事務(介護事務)

所属:介護事業部 介事課
入社:2017年新卒入社
出身:共立女子大学 文芸学部文芸学科
営業事務(介護事務)

これが私の仕事

問い合わせ対応や経理業務を担当しています

ご利用者様やケアマネから寄せられる問い合わせの対応、レンタル・販売商品の受注書作成を中心に、最近ではレセプト(介護請求)や現預金の管理なども担当しています。仕事の流れのイメージとしては、問い合わせ対応や書類の作成が日々の通常業務で、月末が近づくと現預金の締めなどの預金管理も行うという流れです。
それとは別に、月に一度の棚卸し業務も担当していて、入社してから少しずつできることが増えています。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

『本当に助かりました。お名前は?』と、私自身が認められた瞬間

あるケアマネージャーからの問い合わせで、ご質問に丁寧にお答えした際に、「本当に助かりました。よければお名前を教えていただけませんか?」と聞かれたことが印象に残っています。
日々、様々な方から問い合わせをいただく仕事ですが、対応を褒められただけでなく、名前まで尋ねられたのは初めてでした。私個人の仕事が、会社に対する信頼感をより高めることができたと感じて、とてもうれしかったですね。
できることが増えていけば、同じような喜びを実感する機会も増えると思います。普段あまり対応する機会がないイレギュラーな業務にも、当たり前のように対応できる知識・スキルを身につけることが、今の目標です。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

『ご利用者様本位』というスタンスが全社に浸透していたから

より良い暮らしを福祉用具でサポートする。そんなご利用者様への強い想いが、会社全体に浸透しているところが魅力に感じました。実は、就活をはじめた当初は福祉業界はぜんぜん考えていなくて、金融業界などまったく関係のない業界を志望していたのです。内定もいただきましたが、なんとなく違和感があって、就活自体は続けていました。
そんなときに当社の説明会に参加して、用具を通じて福祉に関わる仕事ができるということを知り、興味を持ったことが入社のきっかけです。選考が進んでいくにつれて、職場見学を通じて実際の仕事も見せていただき、自分が同じ仕事をしている姿がリアルにイメージできました。 『この仕事を自分もやりたい!』と強く思うようになったことが、入社の決め手です。

先輩からの就職活動アドバイス

私は、あまり業種を絞らずに就職活動を進めていました。
いろんな会社の説明会にいくたびに、「自分がやりたい仕事ってなんだろう?」と思うこともありましたし、まわりの友達に内定が出始めると焦ってしまったことも。でも、自分のペースで進めることが一番大切だと思います。
仕事内容や事業内容は会社ごとに違いますが、同じくらい待遇や条件面も違う部分がありますから、1社1社をしっかり把握することも重要です。
後悔しないように納得いくまでがんばってください!

046-220-1188
月~金曜日 9:00~18:00 / 厚木支社 採用担当まで
Copyright © Innovation of Medical Service, Inc.
All Rights Reserved.