先輩社員インタビュー

医療事務

専門業務に加え、薬剤師と力を合わせて手がける“患者様に愛される薬局づくり”が楽しくてたまらないという医療事務スタッフ

所属:医療事業部 医事課
入社:2011年中途入社
出身:青山学院大学 文学部教育学科
医療事務

どうやって仕事を覚え、力をつけて行きましたか?

スキルアップの源は「もっと人の役に立てるようになりたい」という気持ち

営業職や小学校教諭などの仕事を体験しましたが、医療事務は初めての挑戦。最初は受付を担当しながら、患者様への対応や薬局の仕事の流れを学びました。それから次第に保険業務、処方箋のデータ入力など、専門的なことを覚えていきます。
私は人と接する仕事が好きなので、受付業務で患者様と言葉を交わすだけでワクワクします。「ありがとう」と声をかけていただいたときは、とくにモチベーションが上がり、もっと人の役に立てるようになりたい、という気持ちが強くなります。それにともない、ご案内などをもっとスムーズにできるようになりたい、患者様にいい印象を持ってもらえるようになりたい、そして事務の仕事も早く上達して周りの人の役に立ちたいと欲が出てきました。これがスキルアップの力になったと思います。

心がけていること

「どうすれば患者様のためになるか」を行動基準にしています

相手の視点でものを見ること。いつも「どうすれば患者様のためになるか」を基準に行動しています。仲間に対しても、自分がどう動けばスムーズかを考えています。また、医療事務の仕事は、どれも正確さが必要です。ミスをすれば患者様や薬局に迷惑をかけてしまうので、ひとつひとつの作業に集中することも欠かせません。しかし、それでもミスは起こるもの。ミスをしたら、なぜこうなってしまったかを自分に問いかけ、絶対同じことを繰り返さない、という意識付けもしています。
その他にも、やさしい話し方、さりげない気遣いなど、一緒に働いている人たちのいいところを吸収しようと心がけています。

力を入れていること

もっともっと愛される薬局づくり。薬局をより心地いい空間にしたい

「もっともっと愛される薬局づくり」です。患者様の待ち時間を短くするといった基本に加え、本やおもちゃ等を用意する、季節に合った飾りつけをするなどの工夫をして、心地いい空間を作りたいと考えています。時間を見つけては薬局の仲間と相談するのも、大きな楽しみになりました。「ああしよう」「こうもしたい」と話していると、刺激になるし、面白くて時間を忘れるほど。こんなにみんなと熱中できるなんて、素晴らしいことだと思います。アイデアを形にしていくのも楽しいし、それを患者様に喜んでいただけたときは最高の気分です。

これからの夢は?

患者様のことはもちろん会社全体のことも考え、いろいろなことを提案していきたい
医療事務IMAGE

誰もが「これをやりたい」と手を挙げられる会社ですから、私もいろいろなことを提案していきたい。薬局の業務効率や心地よさの充実にもさらに力を入れたいし、医療も介護も手がけている会社の強みを生かした新たなビジネスモデルを作るなど、会社全体を考えて働きかける人材になるのが目標です。患者様のためになると思えば、声を出し、行動していきたいと思うし、同じことを仲間にも期待しています。みんなで力を合わせ、どんどん面白いことをしていきたいですね。

職場風景

職場風景1
季節のイベントの飾り付け♪

お子様の多い薬局では、キッズスペースを作ったり、季節のイベントの飾り付けをしたりと工夫がいっぱい。こうした取り組みが、仕事の楽しさややりがいをふくらませます。

職場風景2
共に刺激を与え合いながら成長!!

医療事務と薬剤師、お互い気軽に質問や相談ができる環境も職場の大きな魅力。共に刺激を与え合いながら、成長しています。

職場風景3
医療事務の仕事は多岐に渡ります

患者様それぞれに合った対応はもちろん。レセプトの入力や受付業務、会計に電話対応など医療事務の仕事は多岐に渡ります。

046-220-1188
月~金曜日 9:00~18:00 / 厚木支社 採用担当まで
Copyright © Innovation of Medical Service, Inc.
All Rights Reserved.